FC2ブログ

moondance

バレエダンサー堀内將平の日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マシューボーンの眠れる森の美女



昨日、シアターオーブでマシューボーン振り付けの眠れる森の美女を見てきました\(^o^)/
以前映画館でライブビューイングを見て、とても気に入ったので、今回は生で!
最終公演だったんですけど、それとは関係なく、カーテンコールは最初からスタンディングオベーションでした。
劇場が一体になった公演でした。

何から書いたら良いのか、、、
何もかもが素晴らし過ぎて。。。

まずはマシューボーンの音楽の使い方。
彼の作品を見る度に、毎回感じるのは、今まで慣れ親しんできた音楽が、まったく別のものとして彼には聞こえているんだということです。
その曲を聞けば目に浮かぶ、猫の踊り、3幕のグランパにローズのバリエーション。
そんな曲たちをマシューボーンは、「初めてこの曲を聞いたら、きっとこう聞こえるだろう。」という形にして、提案してくれます。
猫の音楽は怪し気なパーティー会場に忍び込むシーン。グランパのアダージョは100年の眠りから覚め、2人が探り探り再び距離を縮めていく踊りに。ローズのバリエーションは、ピケマネージに入る前のプレパレーションが雷の音になっていて、マネージは雨がふってみんなが慌てる演出。
文章だけでは伝わりにくいかと思いますが、実際に見てみると、とても説得力のある音の取り方です。

書き始めたらキリがないのですが、世界観の作りや、衣装、振り付け、照明の秀逸さ。ダンサーたちの表現力。
無難にするのではなく、大胆な動きを取り入れることで生まれる驚き。
随所に散りばめられたユーモアと、明快な感情表現。
舞台の隅々まで行き届いた気配りで、観ている間一度も夢が覚めることがありませんでした。

とても勉強になりましたし、刺激と元気をもらいました!
他の作品も、もっと観たい!!
感動しました。

応援クリックお願いします!


にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://moondanceblog.blog.fc2.com/tb.php/248-89804089
/div>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。