FC2ブログ

moondance

バレエダンサー堀内將平の日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マシューボーンの眠れる森の美女



先日、Bunkamura le cinemaで、マシューボーン振付/演出の眠れる森の美女を観ました。
最近よくやっている、舞台を撮影して、映画館で上映する、あれです。

一昨年、マルセロゴメス主演の、マシューボーン版白鳥の湖を見たんですけど、すごくオリジナルで、僕の知っている白鳥とはまったく違うものでした。現代的な振付の作品は、どれも暗くクールでエッジィな作品が多いですが、彼の作品はかっこよさの中にも馴染みやすさがあり、キャラクターの個性がみんなはっきりしていて、誰が見ても楽しめる、エンターテインメントになっていて、すごく感動しました。

今回見た眠りも、固定観念の眠りとは違って、とってもオリジナル!プロローグの妖精6人は、男女3人ずつで、蝋燭を持って深夜の屋敷に忍び混んできたり、赤ちゃんのオーロラはマリオネットを使って、舞台上を動き回ります。

そして、音楽の使い方が秀逸でした。ローズのバリエーションはカラボスの息子がオーロラを誘惑する踊り、最後のピケマネージは突然の雨に慌てるシーン。猫の音楽は怪しげな結婚式に侵入したシーン。
何の予備知識もなしに、初めて聞いた時に受けるであろうイメージに振付をした感じで、踊りと音楽の一体感、BGM感が、見ていて気持ち良いです。

機会があれば、是非見てみてください!

クリックご協力お願いします。


にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://moondanceblog.blog.fc2.com/tb.php/222-8624cd4f
/div>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。