FC2ブログ

moondance

バレエダンサー堀内將平の日記です

2016-17 season





今シーズンを振り返りたいと思います。

今シーズンも色々な役を踊りました。
その中でも特に印象に残っているものが3つ。くるみ割り人形の雪の王、海賊のランケデム、ジゼルのヒラリオンです。
どうしたって主要な役を踊るときは、群舞で踊るときよりも気持ちが入りますからね!

雪の王は、登場のシーンが大好きです。
何の前触れもなしに、舞台中央の幕が落ちると、そこに真っ白なメイクで、真っ白な衣装、真っ白なマントに身を包んで立っています。
雪の音楽は、小さく細かい音から始まり、大らかに、そして終盤に向けて雪崩のように激しくなり、最後は音に合わせて、畳み込むようにステップが詰め込まれています。
身体に残った最後の力を絞り、紙吹雪の中を踊り切った時には、ある種の高揚が込み上げます。今度の冬も踊るので、すでに怖いような、わくわくするような。去年とは少し違った踊りにしたいです。

海賊のランケデムは、バリエーションを踊っている最中でも、役柄を表現することについて考えました。綺麗に正確に踊ることを、いつも目標にしていますが、それだけではこのお祭りのような海賊という作品の中では、埋もれてしまいます。なので、ステップをある程度正確にこなせるようになったら、乱暴さや男らしさみたいなものを上塗りしていきました。

ジゼルのヒラリオンでは、色々と悩みました。あくまで説得力のある人間らしさ、みたいなものを演じなくていけない反面、あまり普通の人を演じすぎると、ヒラリオンというキャラクターが消えてしまいます。ヒラリオンというのが、いったいどういう人物なのか。考えれば考えるほど、自分の想像が間違ってる気がしました。色んな人のアドバイスを、聞けば聞くほど混乱しました。けれど、アドバイスをくれる人たちがそれぞれのヒラリオンを持っていて、どれも間違いではないので、自分も自分のヒラリオンを見つけるべきなのだ、と思いました。

今シーズン、とりあえずは終わりましたが、今週末はまたランケデムを。来週末には、眠れる森の美女のフロリムント王子を踊ります。

明日が誕生日の僕です。みるみる内に時間は過ぎていきますが、その中でもひとつひとつの役や舞台とは向き合っていきたいと思います。

写真は、Sang Hun Leeさん。

we should all be feminist






and you, what would you do for love?
あなたは、愛のために何をする?


先日はDiorの新製品発売記念イベントへ行ってきました。

70周年を迎えるDiorの歴史、Miss Diorという愛され続ける名香の誕生した地への旅、マリアグラツィアキウリの提案する女性像。それらを体験できるイベントになっていました。

エレガンスの象徴であったDiorに、新しいディレクションの下誕生した今回の香水とリップは、革命的でフェミニンな、現代女性におくるアイテムになっています。

ブランドの顔を務めている女優ナタリーポートマンさんも来日してのパーティは大盛況でしたーー

浅草











土日だけの休みのはずだった三連休。
日曜日の夜に代々木上原で蕎麦を食べていると、「明日、月曜日も休みになりました。」とメールが。
友人からハイキングに行こうと誘われたけど、あまりの暑さのため、せっかく休みになった月曜日は、自宅で過ごしていました。
クーラーに家を冷やさせて、愛犬と一緒に録画した映画をうとうと見ていると、別の友人から連絡が。
「扇子を買いたい」とのことなので、どこに行こうかな、と一瞬考えてから「銀座のデパートよりも、専門店のありそうな浅草に行こう」と。

7月の太陽に熱された浅草に着いたのは16:30すぎ。
地下鉄から地上に出て、見習いたくらい社交的な人力車夫たちを通り過ぎ、雷門の下で待ち合わせ。渋谷にも負けない人混みの仲見世通りを少し歩いて、そのあと2軒の扇子屋をハシゴしました。

扇子を選んでいると話しかけてくる気さくな隣の客。
店主は何度も「竹の扇子は風を掴むから涼しいですよ」と繰り返す。
何百本とある扇子を見ていると訳が分からなくなってきた様子の友人(笑)

結局、ふらりと立ち寄った手ぬぐい屋の、切子模様の藍色の生地が張られた扇子にしました。

その後は焼きたての、熱々の人形焼を頬張りながら、隅田川の方へ。
小さい頃アサヒビールのビルの金色の泡を指差して、「うんちビル」と言って家族でよく笑ったなーー。なんて思い出しながら、朱色が滲み始めた西の空を眺めました。暑さは遠ざかっていました。



東京に帰って来て、丸2年経ちましたが、未だに東京への好奇心と愛は深まるばかり。

浅草寺から見るスカイツリー、浴衣のブロンドカップル、並木藪蕎麦、つげ櫛屋、レトロなゲームセンターと花屋敷。真紅の椅子の昭和なカフェ、謎のメロンパン推し、寄席、常香炉と五重の塔。

今まで浅草へあまり出歩かなかったことが不思議なくらい、気に入ってしまって、わざわざブログに書いている次第です(笑)
日記。

DANCER 世界一優雅な野獣






観に行ったのは7/15公開のセルゲイポルーニン氏のドキュメンタリー映画の試写会。友人が誘ってくれた、映画本編とパフォーマンス、最後にインタビューという特別な企画でした。
だいぶ前の話だけど、、、

"ただのバレエ映画"ではなく、一人の青年の繊細な心の苦悩と成長を追っていてます。実際の話とは思えないドラマチックなストーリーなので、バレエを知らない人でも楽しめる作品です。
幼少期からの豊富な映像で綴る彼の現在まで至る歩みは、『問題児』と呼ばれた彼の行動を説明するには十分の説得力があり、彼自身と周囲へのインタビューで揺れ戸惑う心にスポットが当てられています。
天才故にのし掛かる重圧と、優しいが故に迷う心、見ていて痛々しいですが、迷い苦しんだ末に見つけた答えにはきっと勇気をもらえます。

本編のあとは、パフォーマンスでした。
暗い照明に浮かび上がる、タトゥーに身を包んだセルゲイポルーニン氏。
上方からの照明のせいで、身体の陰影がより際立ち、身体にシャープな線と影を描きます。
タトゥーが、彼の身体の美しいラインに攻撃的な印象を加えて、危険な美しさを感じさせます。
hozierのtake me to churchに合わせて、もがきながら踊る5分に、会場は躊躇ないスタンディングオーベーションでした。

そのあとはQ&Aでした。
本編では、さ迷う青年。という感じを受けますが、インタビューを聴くと、聡明な人なのだ、という印象に変わりました。
「あなたにとってのゴールは何ですか?なければそれでも大丈夫です」というインタビューアーの質問に対して、「世界をひとつにするのが僕のゴールです」と。「アーティストの役目はこの世に足りないものを補うことだと思っています」「世界を平和にできるのはアーティストです」。
とても27歳とは思えない哲学的な回答でした。

世界のトップダンサー、セルゲイポルーニン氏を追った映画
『DANCER 世界一優雅な野獣』
7月15日公開です。
僕的には、Lykke Liの音楽のチョイスも好き。
おすすめの映画です、是非。
と、いつもとは違った書き方のブログな今日。暑いですね。では。

man in the mirror






今日は川越に来ています。
一般の方は入場できないのですが、明日ランケデムを踊ります。
最後に踊ってから少し間があっての舞台なので、ランケデムを今年は何回も踊ったとはいえ、しっかり練習して舞台に立ちたいと思います。

段々暑くなってきましたね。
みなさまご自愛ください。

写真はinstagramにも載せましたジゼルの時の舞台袖の様子です。

ride a white swan




東京生まれの僕は、幸運なことに地元で舞台に立つ機会に恵まれています。なので毎回友人・知人が舞台を見に来てくれるわけです。
しかし、今度のヒラリオンは演技メインの役ということもあり、あまり友人や知人には声をかけずにいました。せっかくなら、バリエーションのある役の方が見ていて楽しいでしょうからね。
差し入れは楽屋前の廊下にスタッフさんが運んできてくれます。けれど、ひとつも自分宛のはないなーー、、、と思っていたら、別のところにひとまとまりに置かれていました。家族と数名の友人しか来ていないはずなのに、どうにも差し入れの量が多い。。。不思議に思って差出人を見てみると、知らない名前。
ブログのコメントも、以前より明らかに増えてるし、、、(コメント返せないのは本当に申し訳ないです。でもちゃんと読んでます。)
もちろん昔からこのブログを読んでくださってる方々もいますが、勝手にやっていたブログは、ただの独り言ではなくなったのかな、と感じます。
家族や身近な友人だけが見に来てくれていた舞台も、話したこともない人が楽しみにしてくれているのかな、と。
もしそうだったなら、嬉しい限りです。


話変わって。
最近友人に、「將平の文には、自己顕示欲的な自信と不安。あと気難しさ。が出てる。」と言われ、はっとしました。
注意深く読むと、文章は何よりも書き手の性格が出ると、何かの本で読んだことがあります。
書いている内容以外にも、句読点や擬音語、漢字、改行。そんなところからも読み取れると。
確かに。。。。言われてみると、自己顕示欲的な自信と不安。気難しさ。。。。出てる出てる出てる( ̄▽ ̄;)
丸裸な気分になりました。なんだか恥ずかしい(笑)

今日の写真は、花を手前にぼかしてます。
柔らかくて、かわいい写真で、好きです。
自分がたれ目だって気づいたのは、割と最近。