FC2ブログ

moondance

バレエダンサー堀内將平の日記です

ヒラリオン






ジゼル3日間、4公演終わりました!
ヒラリオンとパドシスを踊りました。

キャスト表のヒラリオンに自分の名前を見つけたときから、幕が閉まるまで。不安で仕方なかったです。
自分の表現力で、お客さんを説得できるか。
自分の考えるヒラリオンは、果たして合っているのか。

なのでいつも以上に、登場のシーンから死ぬまで、ひとつひとつの動作にこだわりました。

まずは歩き方。
目で表現するのが役者なら、歩き方で表現できるのは舞台役者かな。と(笑)
一番初めの登場のシーンは、ゆっくり4カウント使って舞台中央まで歩きます。そこの歩き方である程度ヒラリオンがどんな役なのか印象付けたいと思いました。
腕の振り方や、足の開きかた。少しふてぶてしい感じに。かと言って、強すぎないように。
普通に歩いただけじゃ、いつもの僕になってしまうので、、、

マイムにこだわりました。
与えられているマイムは決まっています。
角度、身体の付け方、首の角度、ほんの少しの"間"の使い方で、まったく違った意味になるので。

ジゼルに対しては優しく"君"、恋敵のアルブレヒトに対しては荒々しく"お前"。となるように、人の指し方の強さも変えてみました

果たして、その辺の僕のこだわりがちゃんとお客さんに伝わっていたかは分かりませんが、、、

2幕の死ぬシーンは、まっすぐ、かっちりと踊るのではなく、ツイストして角度を付けて踊るように意識しました。基本的にはできるだけ正確なポジションで踊るのが好きです。でもこのシーンでは、殺される前の苦しさや恐怖を伝えたいと思いました。だから、崩した躍り方を。

ヒラリオンという役は、正直自分らしくないと思っています。だから、キャスト表に名前を見つけた時から、自分に演じれるのか怖かったです。
だからこその遣り甲斐もありました。まったくやったことのない役で、一から作っていく過程は勉強でした。

今回の全部を、今後生かしたいと思います。

カーテンコールでの温かい拍手、ありがとうございました。
間違ってはいなかったのかな?と、思えました。

blue is the warmest color








海賊が終わり、一息つく間もなく、今日からドイツの森をさ迷います。

ジゼルではヒラリオンを演じます。
ヒラリオンは、ジゼルに想いを寄せる男性。
野暮ったい、田舎者。ジゼルに愛を押し付けます。ちょっと悪者のイメージ。というのが従来のヒラリオンです。その通りに僕も思っていましたし、そう演じるダンサーがほとんどです。

「猟ができるんだから、ヒラリオンだってそんな馬鹿じゃないはず」という熊川監督の言葉を聞いたときは目から鱗でした。

極端な例え、 ジゼルに花を贈ったり、すごくロマンチックな男性でもいいんです。(極端な話ね)
役の表現は奥深いと、改めて思いました。
イメージは崩さず、でも現代に合った解釈やダンサーの気持ちも盛り込まないとお客さんには届かない。と。

写真は関係者用の螺旋階段です。
出演者の心を落ち着ける青。
東京文化会館にはもうひとつ、一般の方も行ける赤い螺旋階段もあります。こちらは、興奮させるため。

ジゼル、劇場でお待ちしています!

反省ブログ




今日の香川公演で、海賊全8公演、無事終わりました。
内4回はランケデムを踊りました。

最後日の今日は、少し不満の残るできになってしまいました。言葉にするととても細かいミスたちです。お客さんはほとんど気付かないくらいの。

発表会に出るダンサーで、よく手を抜いている人を見かけます。発表会だろうが、なんであろうが、舞台なのだから、その時できるだけの練習をして、準備をして舞台に臨むべきだ、と思っています。

東京でランケデムを踊ってから、3週間開いての香川公演。ジゼルや他のリハーサルも被っているということもあり、練習不足は否めません。

だから、今回、これ以上練習できない!というところまで自分を持っていかなかった自分にがっかりしています。

練習不足な甘い自分には心底がっかりします。

と、反省ブログ。

海賊千秋楽






今日の香川で、海賊公演が千秋楽を迎えます。

今年はKバレエ以外での舞台も含めると、合計10回もランケデムを踊ります。
ランケデム祭りです(笑)

ランケデムを初めて踊ったのはベルリンのコンクールでした。
2014年、ルーマニアで一緒に踊っていた奥野凛さんと、Tanzolympというコンクールのパドドゥ部門に出場した時です。
コンクール嫌いな僕が、珍しくやる気になり、奥野さんと出場しました。
なんでやる気になったのか、今となっては覚えてませんが(笑)
ランケデムは、当時の僕の踊りたい役のひとつでした。繰り返し見ていたマラーホフの踊る、ランケデムに憧れていました。(ちなみに、その時の審査委員にはマラーホフも)
幸運にも金賞を頂けました。
そのあとすぐ、ルーマニアの本公演でも踊りました。
それから数年、夢だった役は大好きな役に変わって、こうして日本に帰ってきても、踊れることになりました。

一幕のマーケットの場面では、冒頭から幕の閉まるまで、ランケデムが物語を進めていきます。

自分の思う悪役を演じたつもりですけど、知り合いからは、「頑張って悪ぶっていたね」だって、、、やはり舞台には、その人の本質が出るものなのかな、、、(←良い人アピール(笑))
悪役は個性が強いので、演じていて楽しいです。
ランケデムは、ある意味非人間的な人物だと思っています。性善説が当てはまらないと。
人間としての情や弱さがありません。
そんな性格が魅力的だと思っています。

僕の精一杯の"悪ぶり"、劇場で。

ブログ再開します。






友人二人に、ポーズを取らせる(笑)


堀内です。
やっとブログを再開することになりました。
今まで通り、日々のできごとや感じたこと、バレエについて書いていこうと思います。
今後はコメントには返信しないことになりました。返信はできませんが必ず読んでいますので、一言残していただけたら、嬉しいです。
あと、皆さまにいつもご協力いただいていた、ブログランキングは面倒くさいからやめようかな。と、、、(笑)

Instagramを最近はよく更新しています。
Instagramは虚栄に包まれているので、このすかしたやつは誰だ?と自分で思ったり。
ブログの方が好きなこと書けて楽しいです(こっちも少しはかっこつけろってね(笑))。

今日の写真は、昨日菖蒲を見に行った、明治神宮御苑です。
雨が好きです。そして昨日みたいに、風のない日に降る、中くらいの粒の雨は百点!(笑)
長い参道の奥が雨にぼやけて、歩く砂利の音だけが短く聞こえます。雨のおかげで人も少ないし、重い光に満たされた明治神宮に、安らぎます。

本殿に続く参道の途中に、明治神宮御苑の入口があります。入口から人がすれ違えるくらいの、森の中の道を少し進みます。少しひらけた所に出ると、目の前に現れる1500株の菖蒲が、川の流れのようにどこまでも咲き競っていました。
花に顔を近づけながら、「来年もまた見に来ようね。」なんて可愛らしい約束を交わしてみたり。。。友達3人で(笑)
ここは夢?こんな夢を見た。と始まりそうな、東京の真ん中です。
今週が満開だそうです。