FC2ブログ

moondance

バレエダンサー堀内將平の日記です

ご報告

_GIN3813 (470x704)
今シーズンの、劇場用のプロフィール写真です・・・えっ・・・
人によっては、すっごいかっこいいのとかあるのに・・・

41 (800x533)
この写真は、夏にあったコジョカルガラで使われていたradio&julietの写真で、どこから出てきたんだろうと探してみたら、劇場の公式ウェブサイトにありました。コジョカルガラのパンフレットではすっごい小さい写真なのに、僕だと気づいた姉はすごいです。お気に入りの1枚。


以前は3つしかなかったダンサーの階級が、コボーさんが監督に就任して、今シーズンから5つに増えました。
「誰がどの階級になるかは、ウェブサイトでチェックしてね」とのことだったので、今日見てみたら、プリンシパルの一つ下、ファーストソリストに名前が入っていました!
ということで、これからはファーストソリスト!
昨シーズンの初め、ソリストに昇格したときに先輩ダンサーに言われた「ソリストになったからには、それ相応の責任が伴う」という言葉を忘れず、できるだけの努力と気持ちを込めて舞台に立ちたいと思います。

ブログを読んでくださっているみなさま、いつも応援してくださってありがとうございます。
3日坊主の僕ですが、応援してくださっている方々のおかげで、このブログとバレエは続けていけそうです(笑)
まだまだダンサーとしても人間としても足りないものだらけですが、これからもよろしくお願いいたします。


whatever

DSC_0024 (2) (800x530)

DSC_0020 (800x530)

DSC_0022 (2) (800x530)

DSC_0028 (3) (800x530)

DSC_0018 (2) (800x530)

昨日から12月16日に初演を迎える"la fille mal gardee/リーズの結婚"のリハーサルが始まりました。
しばらくは振り付けの指導にゲストティーチャーを迎えて、作品を教わります。
今回は、主役のコーラス、個性的なおぼっちゃまのアレン、6boysの3つにキャスティングしていただきました。
コーラスとアレンはもちろん演技も必要になってきますので、全て吸収して表現できるように、頑張ります。
リハーサル状況などは、ブログにアップしていきますね!

昨夜は、アテネウ音楽堂でロシア人ピアニストのアンドレイガヴリーロフさんのリサイタルを聴きに行ってきました!
アテネウ音楽堂にはコンサートのある日なら、建物内部を見学できるようになっています。
演目はショパンと、プロコフィエフです。
バレエは自分の職業ってこともあって、批評的な目で見てしまうので、知識のないピアノは楽しいです。
ショパンはノクターンを演奏されていたんですけど、こんなにも自由な表現があるのか!と驚きました。
この『自由』が良いのか悪いのかは分かりませんが、今までに聞いたことのない音楽でした。
クラシックバレエだと、『役』というものを演じるので、表現の自由ってある程度決まった枠の中に納められます。
彼の演奏がクラシックバレエに通じるかは分かりませんが、あまりにも自由すぎる演奏に、何かしら考えさせられます。
だから物語がなく、自由で、音楽と動きを楽しむバレエが最近は好まれるんでしょうね。

クリックご協力お願いします!

pas de sclave rehearsal





さーて、今日も動画アップしますよー
なんか、このブログって写真ありきのところあるじゃないですか、
そうすると、写真撮ってないから、ブログ書けないなー・・・なんて思って、
更新が滞ってしまったり(笑)
そこで、それを解決して、更に読者のみなさまに楽しんでいただけるように、
動画をアップすればいいんじゃんっ!
気付いてしまいました、手を抜きつつも、ブログを更新するすべを!(笑)

今まで、広いスタジオで、ランケデムとギュルナーラのリハーサル一度もなかったんですよ。
ほら改修工事中だから。
明日には、全部のスタジオ使えるようになるとかならないとか・・・
唯一、広いスタジオで踊れたのが、この前の日曜日にあった通し稽古(笑)
そして、それから、一度もリハーサルなかったのに、今日また通し稽古・・・
what!!???!!!!!???????!!?!?(普通は、練習時間を毎日取っていただいてから、全体と合わせます)
最初のgrand assamble(横に移動してるジャンプです。空中で脚を閉じることから、フランス語のアンサンブルを語源にしています。)のあとのgrand plie(着地の、スクワット運動みたいなやつ)からのジャンプは、脚を開くなとのことなので、小さいジャンプに変えたり、
細かいところがこの前の動画と少しずつ違います。
というか、今日はCDでのリハーサルだったんですけど、音が早すぎて、全然間に合わない!
なので、ポーズ決めてなかったり、『悪い意味で流れて』しまっているのはご了承ください。
いっつも最後のピルエット(回転)のあとのジャンプを失敗するんですよね~
ま、そのうち、どうにかなるか

パートナーは、ベルリンのコンクールでも一緒に踊っていただいた、
奥野凜さんです。日本人ペア!
彼女、ヴァリエーションの途中で振付け2回も間違えてます(笑)
本当、どれだけ練習不足か・・・

p.s.僕のレッスン着が変なのは、そっとしておいてください(笑)多い日ではTシャツを6枚は着替えるので、だぼだぼのTシャツしか今日なかったんですよ~。
p.s.みなんさん、気軽にコメント、facebookの申請してくださいねー。コメントは僕にしか見られない設定もできるので、ほんと気兼ねなくどうぞ

いつもクリックご協力ありがとうございます!

スタジオ完成~

DSC_0024 (2) (800x530)

スタジオが、待ちに待ったスタジオが・・・新しくなりました!!!
うれしい・・・鏡に固定のバー(今は仮のスタジオなので可動式のバーを使っていて、不安定です)、
ちゃんとした環境が、こんなにうれしいなんて!
これで心置きなく練習できる!
改修であって、改築ではないので、基本的に、今まであったものを綺麗にしただけ。
内装も構造も何も変えません。
だから今まで使っていたバーや、鏡の枠、天井もリノリウムもそのまま残してあるようです。
そのせいか、なんとなく、チグハグ。

バレエスタジオは3つ。
今は、スタジオはひとつしか完成していませんが、数日中に他のふたつも完成予定。
きれいになったスタジオに合わせて、リハーサルのスケジュールも以前とは少し変わり、
18時には終わるようになります。

この前アップした、舞台の写真、あれから急ピッチで工事が進んで、
今は客席も、舞台の床もちゃんとあります。
こちらも完成したらアップしますねー

すっかり忘れてたけど、明日、また通し稽古・・・
この前は、予習はしたものの、作品の流れもよく分からずで、アタフタしてました(笑)
今回はちゃんとやらなきゃ!

ぽちっとご協力お願いしますφ(・ω・`)

国民の館

DSC_0022 (2) (800x530)

DSC_0028 (2) (800x530)

DSC_0042 (2) (800x530)

DSC_0055 (2) (800x530)

DSC_0051 (2) (800x530)
こちら、完成したらチャウシェスクの肖像画と、部屋の反対側には婦人の肖像画が飾られるはずだったスペース。

DSC_0037 (2) (800x517)

DSC_0056 (2) (800x530)

DSC_0044 (2) (800x530)

DSC_0039 (2) (800x530)
建物内にたくさんあるマーク。建物の見取り図?をマークにしたものです。

DSC_0031 (3) (800x530)

DSC_0059 (2) (800x530)

DSC_0068 (2) (800x509)
ここに立ったマイケルジャクソンは「hello BUDAPEST !」と言ったそうです(笑)

DSC_0067 (800x525)

DSC_0049 (2) (517x800)

DSC_0054 (2) (800x529)

DSC_0045 (2) (800x518)

DSC_0046 (800x530)

DSC_0069 (2) (800x530)
探さないで見つけたのは初めてです!!!


有名な『国民の館』に、ルーマニアに来て、2年も経ってから初めて行ってきました(*´∀`)
ペンタゴンに次いで、世界第2位の延床面積をほこる、巨大な建物は1980年代に建設が始まり、いまだに完成していません。
当時20代の女性と、700人にも及ぶ建築チームによって設計され、使用されている大理石や絨毯などのほとんどがルーマニア産のものを使用しています。
内部の見学は、建物の北側にある入口から入り、英語ツアーの時間が設定されているので、ガイドさんと一緒に回る形になります。とにかく混んでいるので、行く前、もしくは前日に0213113611に電話して予約しましょう。
ブカレストにいらした際は、是非ヾ(´ω`)ノ

今日は、海賊の通し稽古です。
ど~じよ゛~(´=д=` )

lankedem var.




こんにちはー
11月6日がシーズン初舞台になります。
演目は『海賊』で、僕はランケデムという商人の役を踊らせていただくことになりました。
ずっと、踊りたかった役です(✧≖‿ゝ≖)
2月にあったベルリンのコンクールで踊りました。
その時は、ここの劇場のバージョンとは少し違う振り付けでした。

劇場のスタジオは来週中には完成するとのことで、
今は全然リハーサルもなく、あっても街中にある極小レンタルスタジオでのリハーサル。
夜に劇場のスタジオが空くのを待って、自主練してます。
それなので、プリエ開いてなかったり(最初のジャンプのあとのしゃがんだ状態で膝を横に開かないといけないんです)、最後の回転危なかったり~、その辺はご愛嬌でヽ( ´ー`)丿
これからどう完成していくか!っていうのをブログにアップすることで、自分に圧力をかけるという、新しい練習方法です(笑)
こんな状況なのに、日曜日には通し稽古をするという・・・
パドドゥ(女性と組んで”踊る”部分)は習ったけど、演技の練習とかまったくしてませんしщ(゚Д゚щ)
ランケデムは全幕通して、ちょろちょろと演技が挟まっているので・・・
ああ゛~ど~しよ~

p.s.日本にいる、ずっとお世話になっているエマ・プリャーニチニコワ先生に上の動画を送ったら、たくさんの注意をいただきました。さすが、ずっとボリショイやロンドンで教えていらした先生なので、注意が違う。目の付け所が違う。普通の先生がする注意って、言い方悪いけど、誰にでもできる注意というか、ダンサーの同僚とかにきいても同じような注意をされたりします。もちろん、それがパッと見一番足りていないものだから言われるんだけど・・・
エマ先生やペストフ先生(マラーホフやツィスカリーゼの先生ですね)の場合は徹底的にステップの美しさと質にこだわるので、あー、だからロシアのダンサーたちはあんなにきれいなんだなって思います。
「это балет же , должно быть красиво!!!
クラシックバレエよ、絶対にきれいじゃなきゃ」と堂々とおっしゃるエマ先生、さすがです。
はい。僕が甘すぎました。11月6日までに一から練習しなおします。


ぽちっとご協力お願いしますφ(・ω・`)

cold shoulder

DSC_0012 (800x530)

この前練習していたら、着地に失敗して、左足裏を打って、腫れています。
これは2年ほど前に一度なってから、もう持病のように付きまといます。

最近はそれプラス左足首が痛くなりました。

ぷらーーす、親指の関節炎・・・

ということで、アイシングしてます。
方法は簡単。
患部が浸かる量の水に、肌に直接触れないように氷を入れて、感覚がなくなるまで足を冷やします。
これ、慣れるまでは、めちゃくちゃ辛いです。
5秒もつけていられません。
慣れちゃえば、へっちゃらですよ~(笑)

昨日仲良しの友人がリハーサル中に足を骨折してしまいました。
「今大変なことがあっても、神様はきっと素晴らしい未来を用意してくれているよ」
最近僕が言われた言葉をそのまま贈りました。
人は辛いことを乗り越えて、人に優しくなれるんだと、昔から聞いてはいたけど、実感する日々です。

あ~~~足が寒い~

ワンクリックご協力お願いします!

a day in brasov

DSC_0013 (800x530)

DSC_0036 (800x530)
岡の上にある要塞です。

DSC_0035 (800x530)
ブラショフの町が見えまーす

DSC_0030 (800x530)

DSC_0034 (800x530)

DSC_0003 (800x530)

DSC_0025 (800x530)

DSC_0031 (800x530)

DSC_0029 (800x530)

DSC_0009 (800x530)
黒の教会。全然黒くない・・・戦争時の炎で黒くなったそうです。

DSC_0006 (800x530)

DSC_0022 (800x531)

DSC_0026 (800x530)


この前の記事でも書きました。
ルーマニアの中央に位置する町、Brasovです。
ブカレストから電車で2時間40分。
昔からドイツ人と深く関わりのある町です。
はい、詳しくはこちらのwikiを参照に~(笑)
観光名所としては、ゴシック建築の黒くもないのに『黒の教会』や、岡の上にあるちっちゃな要塞、可愛らしいミニチュアな建物の残るシュケイ地区など。
こちらも小さい町なので、ブカレストを朝に出ればブラショフ、ドラキュラ城まで1日で回れます。

バレエの記事更新してませんねー
「バレエの記事しか更新しちゃいけないんだ!」ってなんか勝手に思い込んでたんですけど、べつにそんなこともないんですよね~。ゆるゆるやっていきますので、お付き合いください。
次はきっと海賊のリハーサルのことでも書くんじゃないんでしょうか。
ワンクリックご協力いただけるとありがたいです^^

ドラキュラ城

DSC_0037 (800x530)
こちらの坂を上っていきます

DSC_0058 (530x800)
すると、崖に発つお城!というか、おうち。

DSC_0044 (800x530)

DSC_0051 (530x800)
当時の民族衣装が展示してあったり

DSC_0042 (800x530)
『秘密の階段』という名の、何一つ秘密要素の見当たらない階段があったり(笑)

DSC_0048 (800x530)

DSC_0065 (800x530)
ひょっこり出ているのがそうです。

DSC_0059 (800x530)
お城の敷地内にある建物。


あ゛~、家にいたくない~!病にかかり、突発的にドラキュラ城へ。
旅行に行こう!と思い立ち、ブカレストのGara de Nord駅から、ブラショフという街まで電車で2時間40分、ブラショフからバスで40分。ドラキュラ城へ到着。
ルーマニアにいるのにドラキュラ城も行ったことないの!?ってなるのは恥ずかしいので、申し訳程度に訪れてみました。
ドラキュラ伯爵が住んでいたわけではなくて、当時、その地を領地していたヴラッドさんが小説のドラキュラのモデルになっているからなんですねー。詳しくはこちらを参照に。
ドラキュラ城なんて言うから、どれだけのお城かと思ったら、岡?崖?の上にたつ、大きなおうち程度(笑)
周辺を見るのも含めて、2時間もあれば十二分なところです。
ルーマニアに訪れた際には、話のネタとして、訪れてみては?

ブラショフも行ったので、そっちの写真は、また今度アップしますね。

p.s.羊たくさんいましたよー!

ワンクリックお願いします^^



なすのサラダ

DSC_0002 (800x518)

DSC_0003 (800x530)

DSC_0102 (800x530)
他になすのサラダの写真もってなかったので、変な写真ですがご了承ください。

夏帰ると、「ルーマニアでは何食べてるの?」攻撃にあいます。
何って・・・自炊してるから、特別ルーマニア的なものは食べませんよ。

今日は一番か二番目に好きなルーマニア料理を紹介しようの企画です
なすのサラダ、salata de vineteです。
サラダっていうよりは、茄子のペーストですね。
レシピはバレエ団のお料理上手さんにききました。
けど、本来のレシピとちょっと違うので、ズッキーニ、マヨネーズは入れなくて大丈夫。とのこと。

材料
・なす
・玉ねぎ
・ズッキーニ

・オリーブオイル
・塩
・マヨネーズ       

分量はすべて適当!ズッキーニは写真だと丸ごとだけど、実際に入れたのは半分くらい。半分でも多かったです。

1. なすをオーブンでシワシワになるまで焼きます。日本の茄子は小さいから、そんなに焼かなくて大丈夫かも。しっかり中まで火を通して柔らかくしてください。丸ごと焼くそうですが、アクの気になる方は、縦半分に切ってアク抜きしてから、皮の面から火を通してくださいねー
ズッキーニは皮をむいて、レンジで火を通します。茹でても良いけど、水っぽくなるので、レンジがいいですよー
玉ねぎはみじん切りにして、辛いのが苦手な方は水にさらしておきましょう。そのまま空気に触れさせておくだけでも十分です。

2. なすは熱いうちに皮をむいてください。
ズッキーニは出た水を捨ててください。
なすとズッキーニをしっかりマッシュしてください。

3. マッシュしたなすとズッキーニ、みじん切りの玉ねぎ、香りが出るので気を付けながらオリーブオイル、塩、適当にマヨネーズを加えて、よく混ぜたら出来上がりです。

けっこう、面倒くさい料理です。時間もかかるし。
そして、僕は今までおいしく作れたためしがありません(笑)
うちの母と姉は、ルーマニア料理で一番気に入ってました。

ルーマニア人は、パンにのせて食べてます。
そんなに、たくさん食べれるものでもないので、パンにちょっと塗るくらいがちょうど良いみたい。

ワンクリックお願いします^^

工事中につき

DSC_0006 (7) (800x530)

DSC_0005 (7) (800x530)
こちらは、改装中のバレエスタジオ。

DSC_0003 (6) (800x530)

DSC_0009 (4) (800x530)
劇場はレンガ造りです。

DSC_0002 (9) (800x530)
広ーい!けど、半分物置だし、寒いし、鏡ないし、踊るスペース狭いし・・・


ルーマニアに帰ってきました。
それにしても、ブログ全然更新してませんね。
いろいろあったんです。うん。いろいろ・・・

さーて、帰ってきたは良いものの、現在、劇場は改修工事中。
3つあるバレエスタジオはどれも、床も鏡も無い状態で使えません。
今は、以前、大道具を制作していた部屋を改装した、舞台よりも大きいスタジオを使っています。ここも鏡なし。
舞台よりも大きいとは言っても、半分物置状態の部屋の一部に、リノリウム(バレエ用の床シート)を敷いているだけなので、そんなに踊るスペースはありません。

今シーズンの初舞台は11月の頭ですが、舞台も縁(客席から舞台を見るときの、あの縁っていうかフレームというか、あれです。)をとって、横幅を広げたり、床が回る装置をつけたりとかするそうで・・・誰一人、11月までに終わるとは信じていません(笑)
客席までなくなってるし・・・
3年くらいかかっちゃうんじゃないの・・・??(笑)


ワンクリックお願いします^^