FC2ブログ

moondance

バレエダンサー堀内將平の日記です

学生公演

DSC_0002 (800x530)
お花と、パーカーをいただきました^^

先日もお伝えした通り、学生公演でゲストとして、くるみ割り人形のグランパドドゥを踊らせていただきました。
たくさんいるダンサーの中で、わざわざ僕のことを頼ってくれたのが嬉しくて、パートナーの子にも、学校の先生方の期待にも応えられるよう、踊りました。

パドドゥを踊るとき、自分のバリエーション(1分程のソロ)が一番気楽です。
失敗しても誰にも迷惑かからないからね(笑)
てことで、バリエーションは、舞台の空気と、客席からの視線、舞台そでの子供たちの表情。いろいろ楽しみながら踊れました。

とにかく時間のない中で、超タイトなスケジュールの中で、仕上げたので、胸を張れるできにはなりませんでした。
今回の反省点を、別のところで生かせるよう、またがんばります。
少しは力になれたのなら、幸いです。

DSC_0003 (800x530)
あ、あと、これ。最近気に入って使ってるキャンドル。どうでもいいね。

ちょうど3週間後の6月20日21日に、白鳥の湖のプレミアがあります。
いまだに、誰が何を踊るのか分からない状況で、ソリストのリハーサルでは、みんなイライラしています(笑)
とにかく。Radio and Juliet、ガラコンサート、学生公演と、無事に終わり、ホッとしています。
これで、白鳥に集中できる!!!
がんばりまーす。

あと!いただいたコメントには、必ず返信させていただいています。
コメントのあった記事にいくと、返信してあるはずです。よろしく。

それでは、良い週末を~
ワンクリックご協力お願いします。

Andrea Bocelli Concert

DSC_0003 (2) (800x453)

先日、Andrea Bocelliさんのコンサートに行ってきました!
世界的に人気のある(テノール)歌手ですね。ご存じの方も多いかと。
野外コンサートだったんですけど、夕日が沈んで、すぐ、まだ空の赤いうちに始まり、だんだん暮れていく空の下で・・・・・
ゲストでAngela Gheorghiuさんというルーマニア人のソプラノ歌手の方も加わり、素敵な夜でした。

それでは、みなさん、良い1週間を~

ポチっとお願いします。

Gala in Galati

DSC_0084 (800x530)

お久しぶりです。
忙しくて、なかなか更新できずにいました。

今日は、ルーマニア東部にあるGalatiという街でのGala公演でした。
踊らせてもらったのは、『les sylphiede』のアダージョ、『ブルーバード』のパドドゥ、『白鳥の湖』の2幕のアダージョです。
どれも今回が初めて踊るものでしたが、まー、なんとか。

最近は、白鳥の湖一色のリハーサル。
そこに、無理やり、ガラ公演や、学生公演のリハーサルを詰め込んでいました。
とりあえず、ガラが無事に終わり、一安心です。

夜中までガラのリハーサルに付き合ってくださってた、バレエマスターとパートナーたちに感謝です。

ワンクリックご協力お願いします。



なんだってー?!

DSC_0001 (800x531)

こんにちは。
ブログ更新、さぼっててごめんなさい。
べつにさぼってるわけじゃないんです。
ただ、最近、すごく忙しいんです。

まずは、今週の木曜日にある『Radio and Juliet』の公演。
この作品は、今回がデビューですが、バリエーションをひとつ踊らせてもらえることになりました!いえーい!
動きに緩急をつけることで、踊りの中にコントラストが出るようリハーサルしています。
あと数日で本番なので、仕上げ頑張ります!

ブログタイトルのなんだってー?!
ねーねー、なんだと思います?なんだと思います?
連休明け、すっかり鈍った体で白鳥の湖のリハーサルに行ったんですよ。
そしたら、まさかの振付家のアシスタントが、初めてパドトロワ(1幕のソリストの役です)のリハーサルを見に来たんですね。
あ、オワタ・・・・・。
そしたら、まさかの、僕を指さして、「まず、あなた踊って」って。
あ、完全にオワタ・・・・・。

休み明けで、体力も落ちてて、レッスンとかもきつかったのに、バリエーションなんて無理です。
女性と組んで踊るところも、2回しかリハーサルしてません。
しかも、なんで俺から・・・・・

ははは。案の定、バリエーションの最後は疲れちゃってね。
かなりひどいできだったんです。

あーあ。これはパドトロワから外されるな。なんて思っていたんですよ。

翌朝、同僚から電話が。
「キャスト入ってるよ!」
?????
「プリンシパルのところ!」
?????
お。パドトロワのキャストから降ろされなかったのかな?ん?プリンシパルって?

まさかの、主役のところに名前が!!!
て、ことで、今は、ジークフリード(王子さん)のリハーサルもしています。
周りは、ベテランのプリンシパルやソリストばかり・・・・・
キャストに名前が入ったなら、やっぱりやらせてもらいたので、プリンシパルだろーが、コールドだろーが関係なく、ベストを尽くします!

他にも、バレエ団付属のバレエ学校の公演に、くるみ割り人形のパドドゥのパートナーをやって欲しいとのお話を頂いたので、こちらもやらせてもらうことになりました。
公演は5月30日。
学生さんの力になれればと。

他にも!
5月24日にルーマニア国内でガラコンサートをやるそうで、それにも出演します。
リハーサル期間が少ない中、やったことのないパドドゥをふたつ仕上げなきゃいけません。
こちらも集中して、ちょちょいのちょいのちょーいで仕上げます。

とまあ、意味不明な程、忙しいです。
グランパドドゥ3つ、パドトロワ1つ、アダージョ2つ、モダンのバリエーション1つ、その他もろもろ。
覚えるもの多過ぎ。
でも、忙しいとやる気出ます。がんばります。

あ、ちなみに先日、バレエ団内外で大変お世話になっている方の誕生日でした。
写真のお花は、その人へのプレゼントです。

ワンクリックご協力お願いします。

ローマの休日

イースター休暇。4泊5日でローマに行ってきました。


サンピエトロ大聖堂

DSC_0102 (800x510)
サンピエトロ大聖堂。バチカン市国にある、カトリックの総本山ですね。
1日目の午後に行くと、すでに長蛇の列が。
で、後日訪れようと。
日曜日の早朝に行くと、何か(何かは知りませんが)の行事で、今日は予約した人しか入れないと。
イタリアって、美術館や観光名所が、予約できるシステムがあるんですよ!
で、今朝。昼のフライトの前の早朝に行くと、3度目にしてやっと内部に入れたんですね^^
早起きしてでも、ほんと行ってよかった!

DSC_0162 (800x523)

DSC_0148 (800x526)
入ってすぐ右に、見たかったミケランジェロの『ピエタ』。

DSC_0160 (800x530)
遠い・・・・・・・・・・・・・・・・・
遠くからしか見れません。

DSC_0157 (800x530)

DSC_0149 (520x800)

DSC_0158 (800x530)

DSC_0153 (530x800)

DSC_0154 (800x530)

DSC_0164 (800x529)
スイス衛兵。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_0169 (800x530)

DSC_0146 (800x530)

DSC_0174 (800x523)


バチカン博物館
こちらも早朝に行きました。開館の1時間半前に行ったにも関わらず、すでに列ができていました。
どんだけ混んでるんだってね。是非早めに予約して行きましょう。
今回は予約が間に合わなく、ローマに行く前日にインターネットでチェックしたら、1週間後まで予約はいっぱいでして。

バチカン博物館は、いろんなジャンルの美術館・博物館、礼拝堂が組み合わさってできています。
礼拝堂には有名なミケランジェロの『最後の審判』があります。

DSC_0084 (800x518)

DSC_0087 (800x530)

DSC_0088 (530x800)

DSC_0093 (530x800)
地図の間。圧巻です。

DSC_0097 (800x530)
出口まで美しい・・・・・


コロッセオ
有名すぎるので説明は不要ですね。
こちらも混んでいるので、是非予約を。

DSC_0116 (800x530)

DSC_0113 (800x530)

DSC_0110 (800x530)


スペイン広場
街中をぶらぶら歩いていると、おっ!あれは!!!
オードリーがジェラートを食べていたところではありませんか!!!
てなわけで、スペイン広場。
とにかく人で溢れかえってます。

DSC_0045 (800x530)

DSC_0046 (800x530)

DSC_0051 (800x530)

DSC_0064 (800x530)

DSC_0068 (800x457)

DSC_0062 (800x530)


ヾ( ´¬`)ノ
イタリア料理っておいしいですよね。
しっかり太って帰ってきました!のでこれから痩せます。。。。。

DSC_0012 (800x530)

DSC_0142 (800x530)

DSC_0072 (800x530)

DSC_0014 (800x530)

DSC_0010 (800x516)


真実の口
こちらもローマの休日で有名な、真実の口。
サンタ・マリア・イン・コスメディアン教会にあります。
もともとはマンホールの蓋だったらしいですよ・・・・・
DSC_0126 (800x514)

DSC_0130 (800x530)
教会内はこんなかんじ。

DSC_0132 (800x461)

DSC_0131 (800x530)
床のタイル。


あとは、適当に写真貼ってきます。

DSC_0021 (800x526)
川に浮いてる・・・・・家?!
誰か住んでるんですかね??

DSC_0134 (800x530)
パンテオン神殿。118-128年にできたそうです。
古っ!!!

DSC_0076 (800x530)
ベネチア広場。

DSC_0074 (800x530)
道に人だかりができていたので覗いてみると、スプレーを使って絵を描いてる人がいました。
左手前にあるのが完成したもの。すごっ!!!
ヨーロッパっていろんな大道芸の人がいるんですよ!

DSC_0121 (2) (800x530)
Marcello , come here ! ←分かる人には分かります。

DSC_0108 (800x456)

DSC_0018 (800x530)

DSC_0022 (800x530)

DSC_0024 (800x530)

DSC_0023 (800x530)

DSC_0040 (800x530)

DSC_0125 (2) (800x517)
イタリアって言ったら、彫刻、絵画、音楽、オペラ、バレエ、料理・・・・・いろいろありますが、ファッションの国でもありますよね。

DSC_0121 (800x530)
こっちはお土産。

もー、最高にエンジョイして、脂肪も蓄えて、リフレッシュできました^^
明日から頑張ろ!!!

ワンクリックご協力お願いします!

シューズの穴のふさぎ方

DSC_0002 (800x530)
こんな風に穴の開いたシューズ、みなさん、どうしてますか?
僕は即行捨ててます。
まー、捨てて新しいのを使えばいいわけなんですが、ものは大切にしようよ!ってことで、穴の塞ぎ方を。
新しいシューズって、皮の部分は固いし、足にまだ馴染んでないので、使いにくいですよね。
舞台用は、必ず綺麗なものを使いますが、レッスンやリハーサル用は、少し汚くても、使い慣れて、柔らかいものの方が良いのですよね。
先生によっては、穴の開いたシューズは失礼だ!って怒る方もいるので、そういう場合は新しいのを使いましょう。
ジョンクランコバレエ学校も、穴の開いたシューズは必ず注意されます。
しかも、なぜかジョンクランコバレエ学校の床って、穴が開きやすいんですよ。なんでだ。1週間で、小さい穴が開きます(笑)学生時代はいつもシューズ縫ってました。

あと、古いシューズの布をあてて、穴を塞ぐ方法もあるんですけど、見た目綺麗だけど、壊れやすかったり、縫うのが難しかったりします。
で、今回紹介する方法は、簡単で、かなり丈夫です。見た目不細工です。
この方法は、ロシア人の先生に教えてもらった、いわばロシアンメソッド??(笑)
ワガノワ出身の友達なんかも、この方法知ってる子いたし、ロシアの方でよくやるんでしょうね。
ま、試してみて!


DSC_0003 (800x530)
はい。まず、このモジャモジャをカットします。

DSC_0005 (800x530)
こんな感じにモジャモジャを切ってください。

DSC_0006 (800x530)
そうしたら、穴の開いたところを普通の糸で縫ってください。内側の生地には縫い付けないでください。
言い忘れてたけど、この方法で穴を塞ぐ場合は、外側の生地に穴が開いたときにしてください。
内側の生地にまで穴が開いた時にこの方法で塞ぐと、足に水ぶくれやマメができちゃうので。

DSC_0007 (800x530)
そうしたら、タコ糸で穴の周りを一周縫ってください。

DSC_0008 (800x530)
一周縫ったら、縫った糸に針をさして、

DSC_0009 (800x530)
糸をひっかけて、

DSC_0011 (800x530)
ぬく、とかんな感じ。
これを、穴の中心に向かって繰り返していきます。
もちろん、中心に向かうほど、縫う数(糸をひろう数)を減らしいきます。

DSC_0012 (800x530)
で、こんな感じに穴が塞がったら完成!いえーい
今回、ブログ用に気合いを入れて詰めすぎましたけど、本当はもっとスカスカに縫って大丈夫です。
てか、スカスカに縫わないと、こんもりしすぎて、踊りずらいです・・・・・
ちなみに、タコ糸の針は毛糸用の針です。

シューズの縫い方についての記事も読んでみてください。

んじゃ。
今日から、イースター休暇なんですよ^^
ルーマニア正教のイースターなので、他の国とは時期が少しずれています。
日本のみなさんも、良いゴールデンウィーク休暇をー

今日もぽちっとよろしくお願いします。