FC2ブログ

moondance

バレエダンサー堀内將平の日記です

ジゼル

DSC_0218 (800x529)

DSC_0096 (3000x1886) (800x504)

DSC_0167 (800x398)

DSC_0211 (800x358)

こんばんは。
土曜の夜でサマータイムが終わりました。日本との時差が1時間増えます。
サマータイムが終わるときは、1日1時間長くなるから、昨日はすこし得した気分(笑) 

今日は、『ジゼル』の舞台でした(*´∀`)
『ジゼル』も世界的に有名なバレエのひとつ。現在上演されているのは、マリウス・プティパによる改正版がほとんど。最近では、マッツ・エックによるモダンなジゼルなんかも有名です。
ひとつずつの場面がアドルフ・アダンの音楽で美しく彩られています。2幕は、特徴的な腕の動きや、ロマンチックチュチュのおかげで、幻想的でロマンチックな場面になっていますヾ(*´∀`*)ノ
2枚目の写真が、いかにもジゼルって感じの腕。もともとは『ラ・シルフィード』って作品からきてる腕のポジション。『ラ・シルフィード』はマリア・タリオーニってダンサーが最初に踊ったんだけど、その人の腕が長すぎて、恰好が悪い・・・じゃあ折りたたんじゃおっ ! っていうのがもとで生まれた腕のポジション。まめ知識です。

作品は2幕しかないし、バリエーションが多いわけでも、ものすごいテクニックがあるわけでもないんですが、とても奥の深い作品。ジゼルの初恋や、失恋。死んでもなお彼を愛する気持ち。などなど、主役の表現力が見どころです。また、主役の男性の解釈もダンサーごとに違ったり、踊る方も役作りに時間がかかるんじゃないかな ? とはいっても、バレエビギナーの人には少し物足りない作品かもしれません・・・(´_` )

ここであらすじの説明を。心臓の弱い少女ジゼルが、貴族のアルブレヒトに恋をします。でも実は、アルブレヒトには婚約者がいて、それを知ったジゼルは気が狂い、亡くなります。(ここで、アルブレヒトのジゼルとの恋はお遊びだったか、本気で愛していたかで、意見が分かれたりします。どっちにしろね・・・)
2幕でジゼルは森に住むウィリ(処女の亡くなった女性の亡霊)になっています。森に墓参りに来た王子を他のウィリたちが殺そうとしますが、死んでなおアルブレヒトを愛するジゼルは、彼を守り、王子は無事森を抜け出して、おしまい。
すごい簡単に説明しました。ちなみに、この作品でも王子の性格は最悪(笑) 前にも言いましたが、バレエに出てくる王子はろくでなしばかりです(*´∀`)

2幕では、ソリストの男性以外は女性しか出ないので、今日のジゼルの舞台は楽チンでした(´、ゝ`)
1幕だけで出番は少なかったけど、楽しかったヾ('∀'o)ノ
いつか、アルブレヒト踊ってみたいな。性格ヒドいけど(笑)憧れの役です(*´▽`)

p.s.ジゼル見たことある人、1幕にジゼルの家のセットあるじゃないですか?あれってただの板なのわかってるのに、いつも中がすごい気になっちゃうんですよね。どーでもいいですね(笑)
p.s.ちなみに、うちのバレエ団は2幕のジゼルの登場は床の穴から。『くるみ割り人形』とかでもあるけど、あれって、なんかワクワクしません ?

今日もぽちっとしていただけると、うれしいです。



chocolat

DSC_0230 (800x363)

DSC_0231 (800x418)

DSC_0234 (800x433)

DSC_0235 (800x506)

DSC_0229 (800x384)

お気に入りのケーキ屋を紹介しようかと。

僕はものすご~い甘党であります。辛いものも好きです。酒もけっこう好きです。食べることがとにかく大好きです。これでも一応バレエダンサーです(o゚∀`o) (笑)

で、今日書くのは、ブカレストにある『chocolat』ってケーキ屋(実際はレストランです)。食事もできますが、いつも、ケーキだけ食べに行きます。食事もおいしいんですよ ! 訂正:後日2度目の食事に行ったら、不味かったです(笑)1度目に行ったときはおいしかったんだけど、ほかの料理を頼んだらおいしくなかった・・・ので、一応参考までに。
ここのケーキもやはり外国なので、少し甘すぎるかな?とは思いますが。
外人に言わせると、「日本人はおかしいよ ! スイーツは甘いからスイーツっていうんじゃないか ! 」・・・その通りです・・・スイーツって甘いって意味だもんね・・・でも、日本人にとって甘すぎるのはちょっと・・・(´д`ι)

お店は、前にも紹介したcaru' cu bereの2件隣り。旧市街に位置している『chocolat』でしたヾ('∀'o)ノ


話変わって、昨日、1月の公演スケジュールとキャストが発表になりました。
えっ・・・ビルバンドまた踊るの!?この前話した海賊の役・・・うぅ荷が重い・・・(´・ω・`;A)

これから、急に忙しくなりそうです(;´Д`A ```
1.僕の振付ける新作のリハーサルをもうすぐ始めます。
2.『雪の女王』っていう子供向けのバレエがあるんですが、それもやらせていただくことになりました。舞台はオペラ座内にある、小さい舞台。これは、バレエ団の勤務時間外にリハーサルが入ってきます。
3.ルーマニア人の振付家(名前は忘れました。うそ。難しくて覚えるのは諦めました。)の方の作品にも出させてもらうことになりました。これはオペラ座ではなく、ブカレストにある別の舞台でやるそうです。これも、バレエ団の勤務時間外にリハーサル。
自分の振付ける作品も、勤務時間外にリハーサルです。あれ・・・フリーの時間なくない!?今は自分の振付けのことで頭がいっぱいな状態ですが、他にもこんなにΣ(Д゚;/)/!?

でも、充実してるって幸せですよね(◎´∀`)「あっ、俺がんばってんじゃん。充実感。」みたいな(笑) 先シーズンいたドイツのカンパニーでは暇だったもので、忙しく働きたくて移ってきました。11・12月はハードになるけど、がんばるぞ~ヽ(゚`∀´゚)ノ

バレエ団によってはコールドでも舞台に立たせてもらえないことが、たくさんあります。忙しいって言えるのは幸せな悩みかな?と思いながら、今日は寝ます。
あぁ~忙しい(笑)

いつも応援ありがとうございます。
いろんな方が読んでくださっているみたいで、僕も書きがいがあります。ありがとうございます。
今日もワンクリックご協力お願いします。

報告です

DSC_0922 (800x530)

報告です !
この前から言ってた、ちょっとうれしいニュースなんですけど・・・
11月の半ばに僕の振付ける新作が上演されます(v´∀`)ハ(´∀`v)

今回の作品は、4分30秒のバリエーションです。
女性のダンサーのソロを振付けます。正直、4分30秒一人で踊るのは体力的にキツイんじゃないかと・・・自分で振付けときながらも、踊ってくれるダンサーにはすまない気持ち(笑)

この作品を踊るダンサーが、踊ってたモダンの作品を見て、とても良い動きをしていて、「いつか彼女のために作品を作りたい」と思っていたら、さっそく、そのチャンスに恵まれましたヽ(*´v`*)ノ
僕の振付ける作品も彼女の力で、きっと良いできになるんじゃないかなと期待してます( ´艸`)
ちなみに、この作品を上演するのはブカレストではありません。地名聞いたけど忘れちゃったんで、そのうち、リハーサルの様子なんかも交えて、作品のタイトル・進行具合なんかも紹介しますね(・´∀`・)

リハーサルも、もうすぐ始めるので、楽しみで仕方ありません。と同時に、すごく不安でもあります。作品を作るときにはいつもこうです。自分の作った作品にはそれなりに自信があっても、踊ってるダンサーは気に入ってくれてるのか、回りで見てる人たちはどう思っているのか、作品の依頼をしてくれた人は満足なのか、見てるお客さんの反応は・・・と、不安で仕方ありません。でも、いろんな人が「面白い振りだね」とか「良い作品になったね」とか「音楽のチョイスがすごい良かった」とか言ってくれる度に、少しずつ自信につながっていきます。
今は、まだ誰にも見せてないので、すごく不安です。早くみんなに見せたいような、見せるのは怖いような・・・

振りを考えるのは面白いし、ダンサーが毎回のリハーサルで、僕の思い描く形に近づいていくのは楽しいです。
本番前は自分が踊る以上に緊張するんですが、照明と音楽と衣装が入った舞台で、自分の振付けた作品を見るのは、興奮と緊張で息が苦しくなります。終わったときは、緊張から解放されて、自分は踊ってないのに、ダンサーよりもぐったりしてしまいます(´д`ι)
また、その興奮を味わえるのかと今からウキウキしてます。

と、今日は振付けについて語らせていただきました(笑)
この仕事をきっかけに、ルーマニアでも振付けの仕事が入ってくるよう、良い作品に仕上げたいと思います。

p.s.最近、りゅう座流星群と、オリオン座流星群がありましたが、見た人います ? みたかったんだけど、日にちを勘違いしてて見れませんでした(笑) 流れ星って、案外ふつうに夜空を見上げてるだけで、よくあるんですよ。見たことないって人は、ふとした時に、夜空を見上げてみてください。
ちなみに、「流れ星が流れてるときに、願い事を3回唱える」みたいなこと言いますけど、早すぎて無理です(笑) 流れ星が見えただけでも、十分ハッピーですよねヾ(o・ω・)ノ

それでは、いつものように『バレエ人気ブログランキング』をぽちっとお願いします。
いつも応援ありがとうございます。また、何か良い報告ができるよう、がんばります。

海賊

DSC_0002 (800x484)

DSC_0011 (3000x1987) (800x579)

DSC_0031 (800x454)


海賊の舞台、無事終わりましたヽ(・∀・)ノ

1幕は、とにかく楽しかった(〃´∀`)
2幕では、主役の人たちのGrand Pas de Deux(男女のペアが組んで&交互に踊る様式。海賊では男2人、女性1人で踊る。)があるんですけど、その時に舞台上で座っていなきゃいけない僕たちは、自分が舞台にいるのも忘れて、うっとり見入ってしまいした(´∀`●)
今回の主役の男性は、先日のドンキホーテでエスパーダを踊った人。海賊でも、本当に良い踊りでした ! 憧れです ! 彼のバリエーション(約1分の踊り)の後、思わず拍手しそうになりました(笑)(・・・そう考えると、拍手って立派な感情表現ですね。)

とりあえず、『海賊』の舞台が終わって一安心。
今週は、『眠れる森の美女』『ジゼル』『Symphony Fantastic(モダンの作品)』のリハーサル。
週末の28日には『ジゼル』の舞台です。
しばらくは、DVDを見て、振り付けを覚える日々が続きそうです・・・ヾ(´ε`;)ゝ


ワンクリックご協力お願いします。

ちょっと、報告。

DSC_0075 (800x437)

DSC_0246 (800x524)

DSC_0057 (800x424)

ちょっと報告。

明日19:00から、『海賊』という作品が上演されます。
振付けは、またマリウス・プティパ。世界中で上演されてる、ほとんどのクラシックバレエ作品の産みの親はこの人。『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『眠れる森の美女』『ラ・バヤデール』『ドンキホーテ』etc……上げだしたらきりがありません。今上演されてる作品は、バレエ団毎に微妙に振りが変わっていますが、もとはこの人の作品です。
音楽はアドルフ・アダンです。アダンはジゼルって作品の音楽でも有名な作曲家です。

『海賊』は、タイトル通りの話(笑)
詳しいことはwikipediaを見てください(*´∀`)
今回踊るのは海賊の役。(←そのまんま過ぎですね。)キャラクターダンスとクラシックのステップが混ざった振りです。海賊らしく力強く、アグレッシブな役なんですけど・・・何しろ、そういうのは苦手なもんで・・・海の男って、ワンピースとか兄弟船くらしか思い浮かばないんですけど・・・(-∀-`; )

で、報告っていうのが・・・監督に、この海賊のソリストの一人、ビルバンドの役を覚えろと言われていたんですけど・・・「こんないかにも俺に合わない役、踊ることないでしょ」って思ってたら、12月5日の海賊のキャストに、名前が載っているではありませんか !? 「こんな役、まだまだ力不足なんで、無理です ! 」って感じだったんですけど・・・チャンスなんで、認めてもらえるよう頑張りますヾ(o´▽`)ノ

最近、年末までの配役表が出ました。これから、『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』『ジゼル』その他もろもろ・・・あの~、覚えるもの、多すぎやしないかい ? 明日の海賊も演技の部分があやふやなので、寝る前に、振りの確認しなきゃ。そろそろ頭がパンクしそうです(;´Д`

ちなみに、この前書いた、ちょっとしたニュースはこれとは別にあるんですけど・・・へへへ、その話はまた今度 !

p.s.最近はブカレストも、すっかり秋っぽくなって、どんどん寒くなってきています。今年もこの時期恒例で、風邪をひきました。だいたい治ってきたんだけど、まだちょっと。バレエ団でも風邪が流行ってるので、みなさんも、健康には気を付けてくださいヾ('∀'o)ノ 

可愛い犬がいたので1枚。うちの犬が恋しくなる今日この頃。

今日も『バレエ人気ブログランキング』をぽちっとしていただけると、助かります。



ドンキホーテ・ステージリハーサル


こんにちは。
食べ物の話ばかりでしたので、最近のバレエ生活を書きます(*´∀`)

前にも書いた通り、今月はとてもハード。明日は『ドンキホーテ』、土曜日には『海賊』、来週には『ジゼル』の舞台が控えています(゚ω゚;) 練習時間が少ない中で、お客様に喜んでもらえる舞台に仕上げなくてはいけません(;*´ω`)ゞ

今夜は、明日のドンキホーテのためのステージリハーサル。今回主役のキトリを務めるのは、ブカレスト国立オペラ座バレエでも一番綺麗(と僕は思っているのですが・・・)なバレリーナのクリスティーナ。キトリの役は今回がデビューだそうです。脚のライン・柔軟性・跳躍力・ポジションの美しさ、どれをとっても、本当に美しいバレリーナです(・´∀`・)今回のキトリの役は、ラテン系の元気な女の子。まだ若くて、エネルギッシュな彼女にぴったりの役です。明日の公演が楽しみです。ちなみに、クリスティーナはクラシックは勿論すごく良いんですが、コンテンポラリー作品でも、本当に素晴らしい動きをします。コンテンポラリーは西ヨーロッパの方が盛んですが、ここにも、こんなコンテンポラリーの上手なダンサーがいるのかって、驚きましたΣ(Д゚;/)/
明日はもう一人、エスパーダ(闘牛士のボス的な役)を踊る男性もデビューです。彼は大ベテラン。長年ソリスト・プリンシパルの役を務めています。正直、テクニックの面では、若手のダンサーには劣るかもしれません。けれど、舞台に立った時の彼の放つオーラは、他のダンサーがどう頑張っても出すことのできないものだと思います。彼には人を引き付ける力がありますヾ('∀'o)ノ心から尊敬するダンサーです。

今日の写真はクリスティーナですヾ(o´▽`)ノ゙
明日の舞台頑張ってきますヾ(*´ω`)ノ゙

ちなみに、ドンキホーテって何って?方はこちら。少しだけど、作品紹介してるので、よかったら見てみてください。

今日も『バレエ人気ブログランキング』をクリックしていただけると、有難いです。


Steak House Osho

DSC_0114 (800x530)

DSC_0113 (800x389)

DSC_0107 (800x423)

DSC_0110 (800x530)

DSC_0115 (800x370)

DSC_0116 (800x530)

こんにちは。
今日は食べログ。またもや、食べ物の話です(-∀-`; )

今日行ってきたのは、Piata Aviatorilor駅から徒歩約7分にあるステーキハウス『 Osho 』です。Oshoって名前覚えやすいな・・・土曜日は夜にリハーサルがないので、同僚2人と、仕事が終わってから、遅めのランチに行ってきました。

『 Osho 』は大使館なんかもある、小奇麗な住宅街にあります。店の目印は黒い牛の置物。
お店は少しごちゃっとしてるけど、かしこまりすぎない、居心地の良い空間です。
着いたのが2時半ごろなんですけど、その時間でも結構人が入っていました。

料理はステーキ以外にもハンバーガー(←激ウマ)や、サラダ、ブレックファストメニューなんかもあります。料理には基本、ポテトとミニサラダが付いてきます。

やっぱりステーキをオーダーしようかと思ってメニューを見ると、500gや600g、1000gなんて書いてあり・・・それがどれくらいの大きさかを店員さんに聞いてみると、「そんなの一人分だよ」だって(笑)
ちなみに、僕は180gのヒレ肉にしたんですけど、ポテトなんかも食べれば、十二分でした(。・w・。 )
値段はルーマニアプライスにしては高いのかな ? ステーキ500gで(部位にもよりますが)1500leiくらいから(約3,300円)。一人では食べきれない量です。

仕事のあとに同僚と、おいしいビールと食事と楽しい話で、今日も幸せです(v´∀`)ハ(´∀`v)

p.s.実はちょっとしたニュースがあるんですけど、今はまだ言えないので、後日ブログに書きますね ! ほんと、テンション上がりまくりヽ(*>∀<*)ノ

いつも、『バレエ人気ブログランキング』にご協力いただき、ありがとうございます。
今日も、ぽちっとお願いします。みなさんのおかげで、現在2位です!



let's bake brownies !

DSC_0003 (800x477)

DSC_0001 (800x510)

今日の仕事は2時で終わったので、そのあと、髪切り行って、家でブラウニー焼きました(・´∀`・)

今週からは海賊のリハーサルです。他には『 Tango 』『 Radio and Juliet 』(←モダンの作品)のリハーサルだけなので、けっこう暇。そしたら、昨日、突然ブラウニーを作りたい衝動に駆られ、今日、さっそく器具と材料を買ってきて作りました。バター少な目、砂糖の代わりに黒糖使ったら、わぉ優しい味 ! ちなみに、大の甘党です(*´∀`)
そういえば、今日の夜、ブラウニーしか食べてない・・・バレエダンサーとして、これでいいのか ? 明日は多目に動きます(`-д-;)ゞ あ~、それにしてもブラウニー止まらん(笑)

ブラウニーがおいしく焼けました ! って話でした。ちゃんちゃん。

今日もぽちっと応援よろしくお願いします。


白雪姫

DSC_0428 (800x514)

DSC_0474 (800x358)

DSC_0477 (800x492)

白雪姫の舞台、無事終わりましたヽ(*´ω`)ノ

日曜日の昼間の公演、客席には子供がいっぱいです。舞台上にも子供がいっぱいですヾ('∀'o)ノ
小人や熊の役のダンサーが踊ると、客席は大喜びヽ(*>∀<*)ノ
白雪姫が死んでしまうシーンでは客席がざわつきます(;゚;Д;゚;;)
王子の力で白雪姫が生き返ると、客席のちびっこたちが喜んでいるのが、こっちにまで伝わってきます。
音楽に合わせて手拍子をしたり、ダンサーを応援してみたり、ここまで客席の反応を肌で感じれる舞台も、なかなかないんじゃないかな ?
最後はスタンディングオベーション !
楽しい舞台でした !

今回のパートナーの女性はベテランさん。とても面白い人で、超親切で、めちゃくちゃお世話になりました。いつも周りのみなさんにお世話になってばかりです。ありがとうございます*´∀`)ノ゛

舞台については特に書くこともないので、今日は短く終わります。

ちなみに、ブカレストでは今日、マラソン大会です。劇場の前の通りもコースになっています。
今日の最高気温は28℃。まだまだ暑いブカレストです。

今週も張り切っていきましょう ! 
今日もぽちっとお願いします。


ラ バヤデール

DSC_0256 (800x334)

DSC_0184 (800x516)

DSC_0149 (800x495)

バヤデールの舞台、無事終了しました。
リハーサルも少なかったから、やりきった感ゼロ(笑)
でも、無事終われたのは何よりです。

作品を少し紹介したいと思います。
作曲はレオン・ミンクス(この前のドンキホーテと同じ人)
振付けはマリウス・プティパ
ロシアでは『バヤデルカ』という名前で親しまれている、世界的に有名なバレエのひとつです。
インドを舞台に、美しい舞姫(バヤデール)ニキヤと、若き戦士ソロルの恋の物語。
ニキヤと結婚の誓いを立てているにも関わらず、ソロルは権力者の娘ガムザッティと、婚約します。婚約パーティーで、祝いの踊りを、ニキヤが怒りと悲しみの気持ちで、情感たっぷりに踊る場面は、見どころのひとつ。しなやかなインドを意識した振付け、曲調の変化とともに、最後の方は花かごを持って、力強い踊りに変わります(ノ `・∀・)ノ゙とにかく、音楽と振付けが最高 ! 踊り終わったあと、ガムザッティの父が仕組んだ罠で、ニキヤは毒蛇に噛まれて、死んでしまいます。ここでは、ソリストたちは、視線や表情で役の気持ちを表現しなきゃいけない難しい場面。パリオペラ座のバヤデールのドキュメンタリーDVDがあるのですが、そこでは、頷き方、視線ひとつひとつまでこだわって稽古していました(´Д`υ
その後3幕の影の王国では、大勢の女性のコールド(18人~32人)が踊ります。ここも大きな見どころのひとつです(・´∀`・)ぴたりと揃ったコールドは、それだけで、大きな拍手が起こりますヾ(◎´∀`◎)ノ
物語のラストはバレエ団によって違うんですけど、ソロルに天罰が下るラストと、ニキヤと影の王国で結ばれるハッピーエンド?があります。
この物語にしてもそうですが、バレエの主役の男性の性格破綻者ぶりは異常です(笑)ジゼルや白鳥の湖の王子たちも、ソロルに負けず劣らず最悪です(´д`ι)
ちなみに、このバレエが一番好きっていう人、けっこう多いんですよ ! 僕も好きなバレエをきかれたら、迷わずバヤデールって答えます。衣装も音楽も舞台装置も振付けも、すべてがほんとに豪華で、いろんな要素が盛り込まれた作品。ソリストもコールドも活躍のシーンがたくさんあり、プティパの作品はどれも、とてもバランスがとれています。バレエの傑作の白鳥の湖なんかも、ソリスト・コールド両方のバランスのとれた作品です。
ただ、バヤデールは少し長いから、バレエビギナーの方にはあまりおすすめじゃないかも。物語も昼ドラみたいなもんですからね( 艸`*)
ちなみに、この作品は、バレエ団によって、装置や衣装がまったく違うので、興味のある人は見比べてみてくださいヾ('∀'o)ノ

今日踊った太鼓の踊り・・・全身をこげ茶色にメイクするのですが、変な粉をつけたり、まるこちゃんみたいなパッツンの、ガサガサのかつらかぶったり・・・シャワーで落とすのに、かなり時間がかかりました。こんなことなら、普通の役がよかったな( ノω-、)

今回の踊り、リハーサルでは大丈夫だったんですが、舞台の上だと、すっげ~苦しい(;`・ω・) 舞台上って「酸素薄くね?」って思うくらい苦しくなるのはなぜでしょう・・・
スタジオでの練習では、まったく問題ないのに、ステージの上だと酸欠状態になるのは・・・やっぱ酸素薄いのかな?(笑)
とりあえず、苦しい以外は大丈夫(だといいのですが・・・)だったので、反省らしい反省もせず、日曜日の『白雪姫』の舞台に備えます。

お付き合いいただきありがとうございます。ついでに、『バレエ人気ブログランキング』をワンクリックお願いします。


La Bayadere Rehersal

DSC_0028 (800x516)

DSC_0030 (800x530)

こんにちは
もう、10月になりました。ルーマニアに来てもうすぐ1月です。生活は慣れてきたし、楽しい友人もできました ! これくらいの時期になると、毎年「今年ももうすぐで終わりだな~」としみじみします。ほんとに時間の流れが早く感じます。なぜか1週間経つのはゆっくりで、「週末早く来~い」とか思ってるのに、1年経つのはほんとあっという間な気がする・・・

この前今月のプランを見て驚きましたΣ(Д゚;/)/今月はかなり忙しいです。予定はこんなかんじ。
4日:ラ バヤデール
7日:白雪姫
11日:ダブルビル Tango, Radio and Juliet
17日:ドンキホーテ
20日:海賊
28日:ジゼル
このうち、先日踊ったドンキホーテを除く5つの演目の振りを覚えなくてはいけません。しかも、リハーサル初日になるまで、どこの踊りを覚えればいいのか教えてもらえなかったり・・・教えてもらえても、DVDに映ってる、どの人を覚えればいいのかは、リハーサルになるまで分かりません。同じ踊りでも、立つ位置によって、どのカウントで踊るか・脚を上げる方向、それぞれ違います。リハーサルで言われた位置に、すぐに対応して踊れるように、前もってDVDを見て、準備しておかなくてはいけません。

とりあえず、日曜日に、7日に踊る『白雪姫』に向けたリハーサルがありました。踊るのは、2幕の宮殿の場面で、女性と踊るワルツです。約7分。
この作品は子供向けのもの。外国では、『チポリーノ』『ピーターラビット』『不思議の国のアリス』など、子供向けのバレエ作品がいろいろあります。『くるみ割り人形』も入るのかな?日本では、K-Ballet以外で、子供向けバレエをやっているのを聞いたことありませんけど。
子供向けバレエって言っても、『くるみ割り人形』なんかは、クリスマスの定番バレエで、大人も子供楽しめる作品です。というか、クラシックバレエの作品って、だいたいはファンタジーなので、ある意味子供向けと言えるかも・・・。
ちなみに、この『白雪姫』、リハーサルできるのはわずか1度だけ(笑) というのも、今月は他にリハーサルしなきゃいけない作品が目白押しなので・・・。「まだまだ、舞台に立つ準備できてません!」って状態でステージに立つのは不安です。ベテランのダンサーで、もう何回も踊っている人とは違い、僕はこの作品を踊るのは初めて。パートナーの女性に頼んで、自主練して、舞台に備えます。
バレエの世界では、ファーストキャストが怪我をして、別の人が急遽、リハーサルなしで舞台に立たなければいけないこともあります。それを思えば、リハーサルできるだけでも有難い?です(笑)

今日からは『ラ バヤデール』のリハーサルです。上演は木曜日。どこを踊るかも知らされず。DVDを見て、踊る可能性のある2幕の『太鼓の踊り』は覚えて行きました。
家で一人、DVD見ながら練習した甲斐があり、リハーサルはスムーズにいきました。とはいっても、本番まで時間がないので、明日と明後日のリハーサルは集中しなきゃヾ(´ε`;)ゝ

今日の写真は、同じ日本人のみきさん('∀'o) 3幕の『影の王国』の場面です。
『 ラ バヤデール 』の作品については、次回書きます。

最近、「ブログを見る限り、すごい真面目そう ! 」って言われます・・・。実際は全然違うんですけどね。ブログ上では真面目な人で通していこうかな(笑) それにしても、相変わらず支離滅裂な文章でごめんなさい・・・

とりあえず、今週は『 ラ バヤデール 』と『 白雪姫 』の舞台、がんばるぞ~ヾ('∀'o)ノ

いつもクリックご協力ありがとうございます。
このブログを見てくれてる人がたくさんいるって・・・なんかすごい!!(←ボキャブラリー少ない(笑))