FC2ブログ

moondance

バレエダンサー堀内將平の日記です







ここ数日は上着がないと寒く感じます。自転車で通勤しているので、尚更。
朝なんかは、冷えた空気にドイツを思い出します。静かで、澄んだ、少し張った感じ。

今日は特に寒かった。

海外に住んでいる友人達が夏休みで日本に帰ってき始めました。
有難い。

動画は昨日あった、恵比寿スタジオでのクラス。
大人クラスに混ざってレッスンを受けました。

LOEWE CRAFT PRIZE












先日、ロエベ財団主催の、工芸品展??コンペティション??へうかがいました。

一番上の赤いやつ写真は打ち出し。
次のは、起毛素材の作品。
次は鋼の作品。
最後のは漆の作品。

見ながらふと思ったのは、これらの作品は機械でも作れるのかな?ということ。
最近だとAIがすごく発達して、あの仕事この仕事がなくなる。なんてことをテレビでは言っているけれど。
バレエはいつか優れたロボットができたら、生身の人間が踊ることはなくなるのかな?と。

これらの工芸品も、バレエも、色々な芸術も、きっとロボットや人工知能では作れないだろうなと思いました。
芸術作品には、アーティストが人生で経験してきた、色々なことが反映されているから。

もう一つ別のことで思うのは、コンテンポラリー作品に関して日本はとても食わず嫌いしている感がありますよね。
あまりコンセプチュアルな作品になると、無理矢理な理由をこじつけてるだけ、というのは否めないのだけど。それはまた別の話なので置いておいて(笑)

例えばカルメンはいわゆる悪女ですが、そういう悪い人には不思議な魅力があります。
山口百恵さんの影がある感じが魅力的だったり、斜陽族にも滅んでいくものと同じ謎の魅力があります。
それと同じように、ぱっと見は嫌悪感を抱くようなものでも、それが孕んでいる攻撃性や破滅性、生々しさや混沌、自由奔放な様、そういったものにもある種の魅力があると思います。

Hong Kong photo diary
















ロストイントランスレーションを見て、東京に来たいと思う海外の人がいるとか。
それなら、恋する惑星を見て香港に行きたくなった人もいるはず。あのエスカレーターに乗ってみたいというように。

泰昌餅家 エッグタルト、美味しいです!タルト生地が緩くて、優しく持たないと崩れる!口に入れてもすぐに細かく崩れます。

Cha Long 写真のは苺ジャスミンクリームチーズ茶?的なやつですけど、烏龍茶や普通のジャスミンティーの上に少ししょっぱいクリームチーズののったドリンクが美味しい!クリームチーズが甘いお茶と混ざって、まったりとし、そして塩加減がアクセントに。これは日本にも早く来て欲しい!!

One dim sum ここの天心が好きです。焼売は豚ひき肉と海老のぷりんとした食感が最高!湯葉で巻いた野菜にはセロリのくせのある香り。日本人には好まれないメニューもありますが、全体的に美味~で、値段もとても良心的!

香港の熱帯魚がたくさん売っているエリアに行くと、軒先にポリ袋に入れられた魚たちが!
可愛そう!けど可愛い!そして安い~
流石に日本までは連れて帰れませんけど、一人で恋する惑星のシーンをまたもや思い出していました。
ちなみに、ウォンカーワイ作品では断然花様年華が好きです。

雑記



ジャスミンの香りが好きです。見つければ、胸の奥まで春を吸い込みます。

国立新美術館での、モダンウィーン展?だったかな。へ行きました。エゴンシーレの作品がもう少しあるかと期待していたのに、数が少なくその点は残念でした。
けれど心惹かれる作品も多々ありました。
この写真の絵もですし、白いサテンのドレスを着た少女という作品、エゴンシーレの自画像とひまわりなど。
ふてぶてしい女性のポートレートが好きなのかな?

ツツジの花は、久留米ツツジという小ぶりなものが好きです。国立新美術館の正面玄関を出たところに植えられた三色の久留米ツツジは、錦鯉のような彩りで、毎年見に行きます。



これは発表会のゲストで踊ったフローラという作品のバリエーション。転んでいるのはご愛嬌(笑)本番はもちろん転んでません(笑)
Kバレエのダンサーは発表会に来てくれない、と思っている先生方が多いので、そこは残念です。

Shanghai photo diary
























週末は上海へ。
写真が縦長なのは携帯に合わせて、縦長写真の方がインパクトがあるかな、と。
ネットを見るにはパソコンが主流だった時分には写真も横長だったけど、最近はパソコンに触れることもほとんどなく。

写真を撮っても編集しなくなりました。
てきとーな方が、良いな、と。無造作ヘア的な(笑)
(人は編集しますけど。物や風景はそのまま)
文章も、てきとーな方が好き。

くるりの琥珀色の街、上海蟹の朝、という曲、好きでよく聴いてます。

皆さんからのコメントはちゃんと読んでおります。こんな気まぐれブログを楽しみにしてかださって、ありがた申し訳ない。

p.s.上海蟹、ずっと食べてみたかったのだけど、(くるりの歌の影響(笑))苦いんですね。美味しくなさに感動(笑)
蟹は、剥くのが面倒くさいから嫌い!と言っていた母の気持ちがよく分かる年齢になりました。子供の時は、剥くのもほじくり出すのも楽しかったのだけど、今はそんなに頑張って食べたくないな、と。カニカマで満足。