FC2ブログ

moondance

バレエダンサー堀内將平の日記です

軽薄



カルメン全公演が終わりました。

僕がドンホセを躍らせていただいたのは、一度だけだったのですが、幸せでした。舞台のあとには、いつと反省ばかりしている僕にとって、舞台で幸せを感じられるのは、珍しい経験です。

いつもの公演では、熊川監督から事細かに指導があり、それに基づいて自分の解釈や自分らしさを重ねていきます。
しかし今回の公演は、熊川監督もほとんどの解釈をダンサーに任せてくださり、おかげでスタジオでも自宅でも、道を歩いている間も電車に乗っている時も、多くの時間を役柄について考えることに費やしました。

1幕では、真面目に生きる青年をベースに、普段のドンホセを。ここで、いかに誠実なまともな人間かを見せることで、その後への変化をつけやすくしようと思いました。
ミカエラに対して抱いている愛情は男女のではなく、幼馴染として、また自分を慕ってくれている人への気持ち。それを明確にしておかないと、ミカエラという存在がありながらカルメンに惹かれていくのが、ホセの性格との違和感が生まれてしまうと思ったので。なので、母親から届いたミカエラとの結婚を催促する手紙に戸惑います。
酒場のシーンでは、カルメンが見当たらず、そんな自分を嘲笑するように、ドアから帰ろうとする。

2幕の山でのシーンは、カルメンへの愛をいかに表現するかで、最後の闘牛場への繋がりを持たせるかを考えました。例えば、ミカエラが訪ねて来た時に2回抱きしめる振り付けが入っていますが、そこではただ抱きしめるのではなく、頭を引き寄せて子供を慰めるように抱きしめることで、ミカエラとカルメンへの気持ちの違いを表したいな、と。

最後の闘牛場のシーンでは、そこまで演じてきたホセ像の延長線上に描きました。
カルメンのために、全てを捧げたホセにはカルメン以外には何も残されていなくて、だからここはカルメンにすがるような、唯一残されたカルメンだけは失いたくない、と足掻くホセを演じようと思いました。
すっかり落ちぶれたホセは、初めはカルメンと目を合わせている勇気すらない。カルメンに触れようとするけれど、恐る恐るカルメンに手を伸ばす。拒絶されてもカルメンへの執着を捨てきれず、最後にはカルメンを殺すしかなくなってしまいます。
元々カルメンに依存して生きてきた訳ではないので、そこにストーカー的な性質と、ホセの悲劇との差があるのかな、と個人的には思います。
試行錯誤して自分の思うドンホセが完成した気がしました。

他の作品と違って、カルメンはシーン毎に心境が変わっていきます。なので、役柄も人間味の多い、説得力の強い演技が必要になってきます。
踊り甲斐、演じ甲斐のある作品でした。
役を演じるというのは、その人の人生を想像することなのだと、学びました。
もう一度、やりたい!終わってからも、ふとした時に闘牛場のシーンを頭の中で想像してしまいます。

わざわざいらっしゃってくださった皆様、ありがとうございました!

p.s.元々ホセには異常性はないと思っていたのですが、そういえば山のシーンで嫉妬からカルメンと親しげにする男に拳銃を突きつけます。なので、やはりホセには異常性を認めるべきなのかな?とも。
でも、カルメンのために自分の順調に進んでいく人生を捨てたのだから、カルメンへもそれ相当の見返りを求めている、と考えればおかしい事もなく、拳銃を突きつけるのも本気か脅しかでまた解釈は変わってきます。
自分でも理解していない、どこか満たされない生活を送っていたホセは、カルメンとの出会いで一瞬満たされます。けれど全てを捧げたカルメンの気持ちが離れていくことは、ホセとしてはただの裏切りではなく彼がカルメンと結ばれるために捨てた人生を軽んじることでもあり。1幕で喧嘩にナイフを使って、相手を傷つけようとするカルメンとホセの関係は異常なはず。どこまでが愛でどこからが狂気なのか。全てを捧げたのだから、相当の見返りを。愛や自分のために他の犠牲はいとわない。破滅的ではあっても、ホセの中には彼の信じる愛と秩序があり、カルメンに捨てられてもそれを通そうとしていたのだと思っています。分かりにくい文章で、すみません。ちゃんと書こうと思うと、時間がかかってしまうので。(時間かけろよ、ってね(笑))

Carmen



カルメンのリハーサルも大詰めです。
今週末には、本番を迎えます。

演技を中心とした作品は、大部分がダンサーの解釈に任せられるため、自分の想像するドンホセ役を演じる楽しみがあります。

毎回のことですが、人間味ある演技を目標にしています。
酷いな、最低だな、でもちょっと気持ち分かるな。となったら嬉しいです。

KateMoss



大阪公演、終わりました。

いつからか、とても緊張しやすくなっていました。昔は大きな役を踊るときにも、こんなには緊張しなかったのに。
東京公演での最大の反省点は緊張しすぎたこと。けれど、どうやったら緊張しないで舞台に立てるのかもよく分からず。公演が終わってからも、次の舞台が怖くてパニックになってました(笑)
いつまでもわたわたしていても仕方ないので、大阪公演までの一週間はひたすらに緊張をほぐす方法を探しました。馬鹿みたいに聞こえるけれど、緊張のしすぎで練習で積み重ねてきたものを披露できないのは、残念。
色んな人にアドバイスを聞き、インターネットで探し、深呼吸、ヒプノセラピー、とにかく笑う、瞑想、なとなどアドバイスをもらい試しました。どれも怪しさ満点。
でも、ほんとに効いたのが、もっと可笑しなところで。おかげで大阪公演は緊張よりも舞台を楽しむ、という久しぶりの感覚でした。
たくさんの人が見ているのだから、緊張するのは当然なのだけど、お客様が見たいのは緊張しているダンサーよりも、物語の中で自由に伸び伸びと踊るダンサーなのでは?と。主語を変えるというか、自分がどうではなく、客席の立場ではどう思うか。
プレゼンで、上司の前で失敗したくない、という気持ちは分かるけれど、緊張しているよりも、自分の企画に自信を持っている方がきっと説得力があるはず。
僕が見つけた解決法、使っていいですよ( ´∀`)

Romeo and Juliet



一度でもロミオを演じられたら、こんなに幸せなことはないな。とずっと思っていました。

学生の頃に日記を書いていた時期があり、そこに将来踊りたい役名を書いたのを覚えています。
エスパーダ、ランケデム、そしてロミオ。
Kバレエに入団してから、ひとつずつ実現していきました。(ランケデムはルーマニアにいた頃にも踊っていたけど)
そして遂に先週の土曜日に、夢だったロミオを踊りました。

2時間半の物語を生きるのは幸せでした。
ジュリエットに出会い、愛に溺れ、最後には生きる意味を失い死んでしまう。

心掛けたのは、どれだけお客様に説得力のある演技で共感してもらうか。
ロミオという、誰でも知っているキャラクターではなく、1人の人としてどう行動をするのか。
細部にまでこだわって僕の思うロミオを作っていきました。

そんな重すぎるくらいの思い入れの舞台が終わってみると、案外にあっさりしていました。あれ、こんなものなの?と。
あれだけ心待ちにしていた役だから、感動的な余韻に包まれるのかと思いきや(笑)
ただ数日経って思い返しみると、ああ踊ったんだな、と、しみじみ。将来年を取った時には「昔ロミオを踊ってね」と子供に話せるんだな、とか(笑)
人生の宝物が増えました。

まったく更新されないブログにも関わらず、チェックしてくださってるようで、有難いです。

今週末の大阪公演、楽しんでくださったら幸いです。

パドトロワ



今回の白鳥の湖では、ワルツとマズルカ以外にもパドトロワを躍らせていただきました。
ルーマニアにいた時は、白鳥の湖のほとんどの公演でパドトロワを踊っていました。8割くらい(笑)
パドトロワは演技などはなく、基本的には踊りだけ。だからこそ余計に緊張する!物語や感情を表現することのない分、全ての技を的確にきめてみせなくてはいけないですからね。
今回、つまらないミスをしてしまい、かなり落ち込みました。一人でスタジオに残り、できるだけの練習はして、自分でもそれなりに満足の状態までもっていっていたので、悔しいな、と。
今日で白鳥の湖6公演が終わります。
たくさんの方の励ましや応援、有難い。とつくづく。